スポンサーリンク

小樽運河と石造倉庫群の魅力とは?

 

立ち並ぶ石造倉庫群を見ながら、小樽運河沿いを歩けば、明治時代に第一次産業で栄えた小樽の街並みを味わい、情緒たっぷりの旅行になるでしょう。

 

現地では小樽ビールもおいしいですし、夏には倉庫の緑、そして冬にはライトアップと、写真が映えるスポットとして学生など若い方にもおすすめです!

 

スポンサーリンク

・まずは小樽運河の歴史を紹介します

 

観光地の歴史を知っているかどうかで、その場所を訪れた時の感じ方が全然違いますよね。

そこで、まずは「どうして小樽運河は有名なの?」という疑問にお答えします。

 

小樽運河と運河沿いの石造倉庫群は、大正12年(1923年)に小樽運河が完成したことが始まりです。小樽運河は、しばらくの間北方の港町として栄えますが戦後の苫小牧港整備や

小樽港湾内の埠頭整備などによって役目がなくなっていきます。

 

小樽市は運河を埋め立てる計画を進めますが、それに対して小樽運河の保全運動が全国に拡大していくことになります。

結局、小樽運河の半分を埋め立てるという折衷案によって誕生したものが観光地として有名な現在の「小樽運河ふれあいの散歩道」です。

 

2―1、ノスタルジックな石造倉庫群の街並み

 

 

 

 

 

 

 

 

小樽運河と石造倉庫群の魅力といえば、何と言ってもノスタルジックな街並みでしょう。

 

実際、次のように「美しい日本の景観」として数々の選定に選ばれています。

・都市景観100選

・人と自然が織りなす日本の風景百選

・美しい日本の歴史的風土100選

・美しい日本の歩きたくなるみち500選

・日本夜景遺産

 

夜には昔ながらのガス灯が灯され、ライトアップされた石造の倉庫群を見ながらゆったりと散歩をすると日頃の喧騒も忘れてリラックスできます。

 

2―2、時間に余裕があるなら小樽運河クルーズ!

 

 

 

 

 

 

 

 

せっかく小樽運河を訪れるのであれば、小樽運河クルーズでゆったりと小樽の歴史を感じましょう!

特に、小樽運河クルーズでは観光地の様相をした南運河だけでなく、北運河も回れることが魅力です。

 

運河の幅は埋め立てられる前の幅そのままで、実際に船舶が停泊しているのですっかり観光地化した南側とはまた違った雰囲気を味わうことができます。

 

小樽運河クルーズのチケットは、小樽駅前の中央通りをまっすぐ下った場所にある中央橋チケット販売所で購入できます。

デイクルーズとナイトクルーズがあり、特にナイトクルーズではライトアップも楽しめてロマンチックな雰囲気を味わえます!

 

<基本情報>

  • デイクルーズ(日没前出発)

大人 (中学生以上)            ¥1,500   小人 (小学生以下)            ¥500

  • ナイトクルーズ(日没後出発)

大人 (中学生以上)            ¥1,800   小人 (小学生以下)            ¥500

 

予約と問い合わせ先

0134-31-1733 (受付時間 9:30~最終便)

 

2―3、小樽の地ビールを地元の食材とともにいただく!

 

 

 

 

 

 

 

 

「小樽ビール・小樽倉庫No.1」は、ビールが好きな方ならぜひともおすすめしたい観光スポットです。

1995年に小樽運河沿いの倉庫の一つを使って誕生したノスタルジックな雰囲気の中で、小樽ビールと地元の食材を味わうことができます。

 

醸造所見学では、次のような珍しい体験ができますし、見学をした後の小樽ビールはより一層美味しく感じますよ!

・ビール醸造に使用される本物の麦芽の試食

・仕込釜やラガールーム、発酵タンクを見学

・発酵前の麦汁を試飲

 

<基本情報>

営業時間:11:00-23:00【年中無休】

フードLO 22:00

ドリンクLO 22:30

(季節やイベントにより時間が変動になる場合あり)

住所:小樽市港町5-4

TEL:0134-21-2323

 

おわりに

いかがでしたでしょうか?

道央を旅行するのであれば、小樽運河は絶対訪れたい観光スポットです!

スポンサーリンク