スポンサーリンク

「札幌大通公園」の魅力をご紹介!北海道の観光に来たら一度は行ってみたい!

Odori Park

 

北海道で定番の観光名所といえば「大通公園」です。観光客のみならず地元の人も多く訪れています。周囲は道路に面しており、「大通公園」ととの間は木々に囲まれている特徴のある公園でもあります。公園の敷地は道路沿いのため、縦長になっていて、北海道観光が初めての方でも散策しやすい造りになっています。

 

初めての観光にもおすすめの「大通公園」ですが、人気の観光スポットなどはあるのでしょうか。北海道観光ではグルメ情報なども気になるところですね。今回はそんな「大通公園」で一度は言っておきたい名所とグルメ情報についてお届けしていきます。

 

スポンサーリンク

札幌の歴史遺産を観光しよう!「札幌市資料館」はどんなとこ!?

Museum

 

 

 

 

 

 

 

「大通公園」には遊歩道や噴水などが設置されています。公園内はいくつかのゾーンに分かれています。北海道の開拓歴史を散策できるフロンティアゾーンや水と光をモチーフにしたオアシスゾーン、コンサートやイベント会場にもなるつどいゾーン、色とりどりの薔薇などの花が楽しめる花ゾーンなどです。「札幌市資料館」はこの花ゾーンに位置しています。

 

花ゾーンは一番西側に位置していて、さっぽろテレビ塔などがある交流ゾーンの一番反対側にあります。「札幌市資料館」はもともと裁判所の役割を担っていましたが、昭和48年の裁判所の移転により現在は資料館となっています。資料館周辺は季節の花で溢れ、春には桜や裏庭の藤の花も綺麗です。季節の花々や趣向を凝らした建物、歴史とアートに触れられる館内と見所いっぱいです。

 

館内は札幌市の歴史のあゆみを見ることができる展示スペースや、当時の裁判所法廷の展示会場などがあります。法廷の展示会場では裁判員制度などを意識した模擬裁判や見学者への説明なども行われています。北海道を身近に感じることができる「札幌市資料館」を是非、見学してみてください。

 

【住所】北海道札幌市中央区大通西13丁目
【交通】地下鉄西11丁目駅から徒歩5分
市電西15丁目停から徒歩6分
【駐車場】なし
【開館時間】9時~19時
【休館日】月曜日(祝日の場合は翌平日)、年末年始
【入館料】無料
【電話】011-251-0731
【公式サイト】http://www.s-shiryokan.jp/

 

札幌の一大観光スポット!さっぽろテレビ塔には意外な割引が存在していた。

TV tower

 

 

 

 

 

 

 

 

通公園の観光スポットは「さっぽろテレビ塔」。あまりにもすっくりと堂々とそびえ立っているので、「テレビ塔ってあれね。さ、次行こう、次」と通り過ぎてしまう人が多いのではないかと心配してしまうのが、「さっぽろテレビ塔」です。でもちょっと待って下さい。ちゃんと「展望フロア」や「スカイラウンジ」、「グルメコート」などがあり、楽しめるようになっているのです。

 

様々なイベントも行われており、外観だけしか見ないのはもったいなさすぎます。会議室を利用してのパーティープランやウエディングプランも用意されており、「なかなか、やるじゃない」なスポットなのです。夜に大通り公園を散歩すれば、ライトアップされた姿も見られます。「テレビ父さん」というマスコットキャラクターにも是非会ってみて下さいね。

【住所】北海道札幌市中央区大通り西1丁目
【交通】地下鉄:地下鉄大通駅(南北線・東西線)より徒歩約5分、27番出入口直結
地下鉄大通駅(東豊線)より徒歩約1分、27番出入口直結
JR:JRさっぽろ駅南口より約2.3キロ、徒歩約15分
【駐車場】なし
【開館時間】9時~22時
【展望台入場料金】大人(高校生以上)800円、団体料金(15名以上)600円
小学生・中学生400円、団体料金(15名以上)300円
【電話】011-241-1131
【公式サイト】http://www.tv-tower.co.jp/

 

日本新3大夜景記念!Web割引

札幌市が【日本新3大夜景】に認定されたことを記念し、入場料10%割引を実施しています。特典を受けるには、公式サイトから該当の画面を印刷もしくは、スマートフォンの画面を直接さっぽろテレビ塔3階展望券売場で提示してください。今なら特別特典として、「テレビ塔キーホルダー」をプレゼントいたします。
※無くなり次第終了。予めご了承お願いします。

 

おすすめ関連記事!ぜひチェックしてください

 

市内にある緑の絨毯!おすすめの観光スポット「とうきびワゴン」とは

Corn,wagon

 

 

 

 

 

 

 

北海道といえばグルメ!そんな方に一度は味わっていただきたいのが「とうきび」です。俗に言う「トウモロコシ」のことで、味付けをされて焼き目がついているのが特徴です。トウキビの甘みを感じることができる北海道ならではの商品ですので、興味のある方は是非味わってみてください。「トウキビワゴン」ではそのほかにもじゃがバターなども取り扱っており、北海道の味を存分に楽しめます。

 

オーソドックスな黄金色のとうきびの他に黒もちきびなども扱っており、とうきびとじゃがバターのセットメニューもあります。また「とうきびワゴン」の屋台は「大通公園」の概ね東寄りで、札幌テレビ塔側にあります。札幌駅からは概ね南に位置していますので「大通公園」にお越しの際は参考にしてみてください。

 

札幌観光におすすめ!散策後に満喫したいグルメ情報ランキングベスト3

salmon roe

 

 

 

 

 

 

 

札幌観光で欠かせないのが北海道の旬なグルメ巡りですよね!美味しい海鮮料理や家族で行きたいお店なども気になるところです。そこで次は「大通公園」を散策した後に楽しみたいグルメ情報をご紹介していきたいと思います。

 

まず初めにご紹介する1件目は「北海道海鮮居酒屋 いろりあん」です。

Assorted sashimi

 

 

 

 

 

 

 

 

落ち着いて雰囲気の店内が人気の秘密で、新鮮な海鮮料理を堪能することができます。海鮮のお刺身や蝦夷アワビ、牡蠣などなど。一度は堪能したい料理ばかりです。お昼時にはランチメニューも扱っていて、比較的手頃な価格が魅力的です。夜には家族連れで新鮮な北海道の幸をゆっくりと楽しむことができますので、大通観光のグルメ巡りの参考にしてみてはいかがでしょうか。

【住所】 北海道札幌市中央区南一条西6、第27桂和ビルB1F

【アクセス】 札幌市営地下鉄南北線【大通駅】1番出口より徒歩1分

【駐車場】 近隣にコインパーキング有り【有料】

【営業時間】 ランチ:月~日曜日11:30~15:00、ディナー:月~日曜日15:00~23:30

【休業日】 不定休

【料金】 ランチ:1000円、ディナー:2000円

【電話】 050-5890-1729

【公式サイト】 https://irorian-odorihonten.com

 

2件目は「カレー&ごはんカフェ オウチ」です。

Soup Curry

 

 

 

 

 

 

 

 

こちらのお店は豊富な種類のスープカレーを楽しめます。「チキンと16種の野菜スープカレー」や「北海道産ホタテとシーフードのスープカレー」「お子様カレー」などなど。北海道観光には欠かせない一品です。また、大通観光の一服にも人気のコーヒーメニューやパフェ、パンケーキなどのスイーツも楽しめます。友達やカップルと訪れるのもいいかもしれませんね!

【住所】 北海道札幌市中央区南三条西7-7-26

【アクセス】 地下鉄、大通、すすきの、西11丁目より徒歩8分

【駐車場】 近隣にコインパーキング有り【有料】

【営業時間】 11:30~23:00

【休業日】 不定休

【料金】 ランチ:1000円、ディナー:2000円

【電話】 050-5597-2176

【公式サイト】 http://www.mamma-cr.com/ouchi

 

そして3件目は「炭火焼肉 かみふらの」です。

Grilled meat

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

美味しい焼肉を楽しむことができます。北海道名物のジンギスカンをはじめ、希少な豚サガリなどのメニューも味わえます。焼肉のお供でおなじみの生ビールの他にも種類が豊富な富良野産のワインも味わえます。希少な豚サガリに名産ワインはとっても贅沢ですよね!札幌観光で焼肉を味わったことがない方には是非、オススメしたい名店ですので参考にしてみてください。

【住所】 北海道札幌市中央区南四条西3、第3グリーンビルB1F

【アクセス】 市営地下鉄南北線すすきの駅から徒歩1分

【駐車場】 近隣にコインパーキング有り【有料】

【営業時間】 17:00~23:00

【休業日】 日曜日

【料金】 3000円

【電話】 050-5456-9620

【公式サイト】 https://www.instagram.com/explore/locations/1029143557

 

最後に

 

今回は「大通公園」の一度は行っておきたい観光スポットや人気のグルメ情報をご紹介してきました。札幌の開拓の歴史を身近に感じることのできる「札幌市資料館」は歴史好きの方には必見の場所です。

 

札幌観光に人気のグルメ情報もたくさんありましたね!新鮮な魚介のメニューを楽しめるのはもちろん、北海道の名産「スープカレー」や「ジンギスカン」も満喫してみたくなったのではないでしょうか。今後の北海道旅行を検討されている方は参考にしてみて下さい。より一層旅行が楽しくなること間違いなしです!

スポンサーリンク